デビットカードとは?

デビットカードはクレジットカードを所持していない人やクレジットカードを作ることができない人でもクレジットカードと同じようにお買い物などで使用することができるものになります。
デビットカードを使用したお買い物などに関しては事前に登録した自分の口座にお金が入っていることが前提となっていますので、口座にお金を入れた状態で使用しましょう。
お金が入っている状態であればレジの精算をする際にこちらのカードを使って支払を済ませることができます。
ただクレジットカードとの違いは分割の支払いができないというものになっており、前述の通り口座にお金が入ってなければ買い物はできません。
そのためクレジットカードに比べると少々不便さを感じてしまうこともありますが、お財布などを持ち歩かなくても口座にお金を入れた状態でデビットカードを1枚持っていれば買い物ができるといった部分では大きなメリットになります。
物騒な事件なども多発していますので、盗難の被害などに遭わないためにも重宝してくれる存在です。
日本だけではなく海外でも使用することが可能になっており、同じく口座にお金を振り込んでおけば残高に合わせて好きなだけ利用することができます。
ただし、キャッシングなどを利用することはできないので、このカードを使ってお金を借りることは不可能だと覚えておきましょう。
あくまでも決済に使用するものでお金を貸してくれると言うカードではありません。
また、分割による支払いもできませんから、レジなどで提示した際に分割での支払いを指定しないように気をつけましょう。

【管理人推奨リンク】
クレジットカードを作れる方はこのような比較サイトが参考になります → → クレジットカード