生活保護の申請方法は、以下の通りです。 1.福祉事務所に相談する 2.申請書を提出する 3.調査 4.結果の通知 5.受給開始 まず、最初に行うのは、福祉事務所への相談です。 現在、お住まいの地域にある福祉事務所の相談窓口で、職員と面接を行い、生活保護の相談を行ってください。 そこで、現在の生活状況や家庭の事情などを聞かれるので、正確に答えましょう。 次に、生活保護申請書を福祉事務所に提出します。 すると、職員の人が自宅を訪問して、生活保護の条件を満たしているか調査を行います。 調査終了後、生活保護の受給資格があるのかどうかの通知が届くでしょう。 調査期間は一般的に2週間程度ですが、30日ほどかかる場合もあるようです。 調査の結果、受給資格があると判断された場合は、支給が開始されます。 ただ、必ず受給できる訳ではなく、調査結果によっては申請が認められないケースも少なくありません。 生活保護の申請はこのような流れで進むので、万が一の時のために覚えておきましょう。